みちこの幕末日記

   世に生を得るは事を成すにあり。

月別アーカイブ

「竜馬がゆく」を久しぶりに読み返しています。

2010年、大河ドラマは龍馬と決まりました。長い道のりでした。その10年前に「竜馬がゆく」のリメイクをして欲しいと、全国で懸命に署名活動を行いました。その中には、若くして亡くなった友の署名も含まれています。恋人と桂浜の龍馬像を見に行きたい、願いも虚しく没しますが、龍馬は来てくれました!

江戸期の男にとって長男に生まれるか否かでは、決定的な違いがあった。長男は親と同じ程度の行き場所は与えられたが、次男以下は余程のことがない限り世に出て行くことは難しい。龍馬が他の志士たちと比べて著しく経済観念が発達していたのも、龍馬が次男だったことが一つの要因ではないか。 龍馬は、倒幕後、どういう世の中にしたいのか、という具体的なイメージがあった。西郷・大久保・木戸らは、倒幕のみ目が行き、具体的なイメージは持っていなかった。彼らと龍馬が明らかに違う面を考えた時、ある一つの事実が浮かび上がる。彼らが長男だったことに対して、龍馬は次男だったのである。 次男は身を立てるすべてを自分で身に付けなくてはならない。その気概があったからこそ、龍馬は浪人の身でありながら、商社や艦隊までも造る事ができたのではないだろうか。(龍馬の金策日記―維新の資金をいかにつくったか  竹下倫一  祥伝社新書より)

情報が整理されていない昭和三十年代、幕末の時代背景を掴み取り超一流の時代小説の傑作「竜馬がゆく」を執筆した司馬遼太郎の偉大さが分かります。

ザ・戊辰研マガジン2020年10月号Vol.36を発刊 – 山本覚馬 

2020/10/07 (Wed)

 山の木々も少しずつ色づき始め、観光シーズン到来です。GoToトラベルで観光地も賑いが戻ったかのように見えます。
コロナで経済的に苦しむ人もいれば、影響をまったく受けず裕福に暮らす人もいます。廃業する店や企業が増えている一方、東京湾岸の高層マンション等の売れ行きは伸びているといいます。貧富の差は増すばかりです。
私の知っている割烹旅館では、板前さんたちが料理を作らずマスクを作っています。生き延びるのに精いっぱいの努力をしています。包丁をハサミに持ち替え奮闘していますが、やはり板前さんは包丁を持たないと様になりません。早く正常な世の中に戻って欲しいと切に願います。

本日、ザ・戊辰研マガジン2020年10月号 Vol.36 を発刊致しました。当マガジンは初刊から3年の月日が経ちました。これも一重に読者の皆さま、執筆されている皆さまのおかげと感謝しております。これからもどうぞ末永くご愛読の程お願い致します。

https://boshinken.publishers.fm/

●「盛岡藩と戊辰戦争」 佐藤竜一・著、、盛岡藩を勉強しようと気構えましたら、新聞や雑誌などに発表された短編集でした。宮沢賢治は東京の丸ビルで最新のエレベーターによく乗ったという。代表作「銀河鉄道の夜」、賢治はエレベーターで縦方向に移動しながら、鉄道が陸ではなく、空高く銀河を走って行くという壮大なイメージを膨らませていったのかも知れない、、宮沢賢治学会の理事長である佐藤竜一さん、賢治の話題が多く楽しませて頂きました。
●「もの忘れをこれ以上増やしたくない人が読む本」、講談社+α新書、記憶の巨大さ、図書館の書籍量2-3倍に匹敵。一晩、ぐっすり眠ると翌朝ひらめきがある。良質な睡眠が必要。驚くほど役立つのが深呼吸。足や各部の神経に充分酸素が補給される。良い姿勢で呼吸すると、胸部が自動的に広がる。姿勢を正して元気よくはっきりした声で話すこと。良い姿勢で颯爽と歩くと、人は集まってくれる。糖尿病と認知症は結びつく。よく噛み、咀嚼回数が増えれば、脳血液循環量は確実に増加する。ビタミンCが、認知症リスクを低下させてくれる。
●「「ゆで卵の殻をツルッとむく方法」、青春出版社、焼肉はその場でひっくり返さない(場所を変えないと油が移る)、魚のウロコ取りはペットボトルのフタで、(弾力があるので包丁より楽)、玉ねぎは冷やしてから切る(泪の元の刺激成分が消える)、卵は茹で始めに少しヒビを入れる。大根の下茹でには砂糖をプラス、エビは殻つきのまま茹でる(殻をむいて茹でると身が縮む)、レタスは軽いものを選ぶ(重い物は育ち過ぎて柔らかくない)、もやしは冷凍できる(味の浸みこみがよくなる)
●「頭のいい人の説明はたった10秒!」、青春出版社、懇切丁寧な説明は、分かり難い。始めに結論を出して、その後で補足すること。「ほめ上手」は「話し上手」、聞き上手になることである。

岡山県には、吉備国際大学に修復科というのがあるそうです。
その紹介をしているのをぼんやり見ていましたら、
木戸孝允の鮮やかな肖像画が突然出てきて、あまりの素晴らしさに
見とれました。それは、1877年に木戸が亡くなり、翌年、木戸家が
海外に発注した油絵の肖像画で、この大学に修復依頼をして
完成したので木戸家のひ孫さんに送るという内容でした。
油絵は麻布に描かれているのでしっかりしていますね。
修復すると昨日描かれたようです。そっくりでした。

木戸さんのひ孫さんで有名な方は、美智子皇后さまの女官長さん
だった井上和子さんかな、他にもおいでだと思います。
こんなにきれいになった肖像画、どこに飾られるのでしょう。
飾られた所を見たいなと思いました。

大型台風10号が九州西海上を北上しています。
今までに経験のない記録的な暴風・大雨になる恐れがあり、十分な警戒が必要です。
大きな被害がありませんよう祈るばかりです。

本日、戊辰研マガジン2020年9月号Vol.35を発刊致しました。
ご覧ください。

https://boshinken.publishers.fm/

 

●「天才 渋沢栄一」さくら舎、星先生の新刊書、読み易くて、再読中です。

●「富士山噴火と南海トラフ」講談社ブルーバックス、300年も沈黙を保っている富士山。心配な溶岩流の速度は人が走るぐらい、状況に応じて避難所や対応が可能とのこと。溶岩は地形に沿って流れ下るので、予測することは可能、放水により固化させたり、海水を放水するのも効果的。噴火の兆候が一か月前には必ず発見できる態勢が出来上がっている。絶望的にも思える日本列島に暮らしていて、我々の先祖は死に絶えることなく現在まで発展を続けて来た。巨大地震と巨大噴火の中で生き抜くDNAを持っているのだ。「大地変動の歴史」は、日本人が力を合わせるためのまたとない機会。

●「香港とは何か」ちくま新書、香港を香港なら占めていた多くの良さが失われ、香港の底時力を信じたい。我々が日本からできることは関心を持続けること、香港の問題は他人事ではなく日本にも繋がっている。

●「県警VS暴力団」文春新書、暴力団員、準構成員は、年々、その数を減らしている。昔と違い、自らの意思で暴力団員なろうとする者も大幅に減っている。しかし、その脅威として残っているのが、覚せい剤、大きな資金源となっている。大量の覚醒剤を国内に密輸し、それを密売させるには多額の資金と組織力が必要。全国に根を張った暴力団が、この権利を手放すことはないだろう。イタリアでは、財産の入手先を立証できなければマフィア財産没収、日本もイタリアの様にできれば確実に打撃を与えられる。「いいヤクザ」など、いない。

●「マンガ認知症」ちくま新書、予備軍も含めれば日本に一千万人、一旦投薬をすべて止めてみる。有効視野の低下、注意機能の衰え、認知症の人には正面から目を合わせて話しかけること。

●「アスリートの科学」講談社ブルーバックス、義足のアスリートが健常者を抑えて世界記録を出している。オランダはオリンピックで国を挙げて対策をしているから強い。

●「コロナ後の世界を生きる」岩波新書、この災禍をどのように乗り越えたとしても次にやって来る社会は、今までと違ったものにならざるを得ない。各著者の専門分野での動向、知見は参考になる一方、日本社会分析、結論は浅い。

●「スマホ料金はなぜ高いのか」新潮新書、総務省の天下りは、NTTや KDDI、放送業界などが多い。官民馴れ合いの業界を変えてくれるか、楽天に期待です。何も知らないユーザーは変わろうとしない大企業のカモにされるだけ。消費者側も仕組みを理解して行動しないとダメ。

JR倉敷駅の地下通路に、迫力のある「願い」が書かれていました!! 

この感動をお伝えしたいです!! 倉敷とありますが、日本と置き換えられますね!

———————————————————————————————— 

福島県郡山市の飲食店の爆発事故に驚いたと思ったら、今度は海外レバノンでの大爆発事故。死者は100人を超え、少なくとも4000人以上の負傷者が出たと言われています。爆発現場の悲惨な映像を見ると、75年前の広島・長崎を思い浮かべた方は少なくないと思います。広島では14万人、長崎では7万4千人が瞬時に命を落としました。
1945/8/6/8:15広島
1945/8/9/11:2長崎
忘れてはならないその日その時です。世界には現在1万3千を超える核弾頭があると言われています。
アメリカと中国のいがみ合いが激しくなっていますが、今、戦う相手はアメリカでもなく中国でもありません。世界を震撼させているコロナウイルスなのです。世界が一つになって立ち向かい、早い収束を実現させなければなりません。
本日、ザ・戊辰研マガジン2020年8月号を発刊致しました。どうぞご覧下さい。              戊辰研 山本覚馬

https://boshinken.publishers.fm/

 

●「天才 渋沢栄一 」さくら舎、1万円札の顔となる渋沢栄一、日本資本主義の父。地位と収入を失った士族の大集団を前にしての明確な対策に大感動、 産業育成のため企業設立の立役者として活躍し運営を指導、銀行ローンの仕方を教え、財務諸表の作成方法を丁寧に教えた、まさに、1万円札に最もふさわしい人物!

●「もったいない112の習慣」青春出版社、漂白剤を使って真っ白に→ ボロボロになり買い替えるハメになる。冷蔵庫には透明カーテンをつけて節電→ 取り出しにくく、ドアポケットに置いている食品(牛乳・卵)が痛む。節電には詰め込み 過ぎず開閉をすくなくさせること。アリの侵入防止に防虫剤を使う→ チョークで線を引くだけで侵入をブロックできる。電池が切れたら入れ替える→ 手で包んで温めるだけで、簡単に復活する。そして、両極の端子を良く拭くこと。 ハサミ、切れにくくなったので、もう使えない→ アルミホイルを重ねて切ると、切れ味が復活する。切り花、直ぐ花瓶に入れて楽しむ→ 水に漂白剤と砂糖を加えると花が長持ちする。

●「免疫力 正しく知って、正しく整える」、ワニブックスplus新書、規則正しい生活、私たちの免疫力は、身の回りの微生物に支えられている。自宅の床に落としたものはホコリを払って食べるのが丁度良い。 獲得免疫が活発に動くのは夜、夜に高熱が出る。腸内細菌には免疫力を高める「黄金バランス」がある。「楽な食べ物」にばかり頼ってはいけない。 食事の6割を野菜や豆類にする。わかめ、納豆、モロヘイヤなど、水に溶けてドロドロのゲル状になる食品は腸内細菌のとても良いエサになる。 感染症で悪化するか否かは、「油」がカギ、お薦めはエキストラヴァージン・オリーブオイル。「笑う」「寝る」「好きなことをする」で、免疫は3割上がる。足の筋肉を衰えさせてはいけない。

●「本屋を守れ」PHP新書、車内で40代の乗客はスマホでゲーム、黙って本を読むということが大人も子供もできなくなっている。日本が欧米列強の植民地にならなかったのは、幕末・明治に来日した外国人は、 町人たちが本屋で立ち読みしている姿を見て震撼したから。幕末には江戸に八百軒、京都に二百軒の本屋があった。江戸末期の識字率が九割を上回るというのは欧米が驚愕。親友は生涯にせいぜい数人、 しかし、書物の世界では無数の作者・登場人物との間で深い心の交感ができる。

●「スマホを捨てたい子供たち」ポプラ新書、子供たちに「スマホを使っている人は」と聞くと、ほぼ全員が手を挙げるが、「スマホを捨てたいと思う人は」と聞くと結構多くの子供たちが手を挙げる。インターネットで劇的に繋がる人数は増えたが、人間が、安定的な関係を 保てる上限が150人ほど。

●「中国、科学技術覇権への野望」中公新書ラクレ、中国の目標は2030年に宇宙大国になること。国際特許出願、アメリカを抜いて1位、質より量? 5Gでは世界をリードすると公言、毎年7百万人の大学卒業者を有する。 しかし、日本の独創性と目白押しのノーベル賞候補、中国の台頭、米中の新冷戦の戦線拡大の時代にキラリと光る日本を次の世代に残したい。基礎研究を立て直し若手研究者の育成が急がれる。

新刊書『林源十郎商店物語』が発刊されました。

「林源十郎商店」は、1657年、「紀伊国屋」という名称で創業した。そして、1715年には「大坂屋」と改称する。新薬やワクチンの開発製造、販売を通じて医療と地域の発展に貢献し、倉敷の歴史と深く関わってきた。「林源十郎商店」と改称したのは1892年、株式会社化は1950年となっている。幕末から明治、林家の当主達は貧しい人々を救済しながら倉敷の街を育てる原動力となった。特に、11代当主の林源十郎は、キリスト教会の支援などにも尽くしている。大原美術館の創設者であり倉敷紡績の創業家一族でもある大原孫三郎や、岡山孤児院の創設者として知られ「児童福祉の父」と称される石井十次らとの親交も深く、地域への社会貢献・福祉の精神に根ざした倉敷の街づくりを実践してきた。現在、倉敷美観地区の一角にある木造3階建ての林源十郎商店(倉敷生活デザインマーケット)の建物は、林源十郎商店の本店だったもの。倉敷が薬種の街でもあった往時を彷彿とさせてくれる。
なかでも幕末明治にかけての当主、林孚一 (はやし-ふいち)は、森田節斎の尊王説に共鳴し尊攘運動家を助けた。幕末の志士達が入れ代わり立ち代わり訪れた林源十郎商店、 龍馬も来たかもしれません。(幕末の史料は維新後に焼却とのこと、惜しいです)

 

1 2 3 55