みちこの幕末日記

   世に生を得るは事を成すにあり。

月別アーカイブ

おかげさまで当マガジンは発刊してから1年を迎えることが出来ました。次の1年もまた無事に迎えられるよう、更なる努力をして行きたいと思っています。
今月号も会津集会をはじめ充実した記事が満載です。お読みくださいね。https://boshinken.publishers.fm/

 

期間:9月15日(土曜)~10月中旬会場:紀伊國屋書店新宿本店3階
江戸時代の独立公国「藩」に学ばずして、真の地方創生なし!本フェアでは、それぞれの地域特性を見事に活かした各藩の魅力が紹介されています。(私が書いている藩は、まだ出ておりませんが!)

●「鬼才 石原莞爾」光人社NF文庫 星亮一、星先生の最新本、「戦前、鬼才といわれた男が日本陸軍にいた。石原莞爾である。」星先生の力強い文章に惹き込まれます。
●「戦国時代の暮らし図鑑」宝島新書 絵入りでとても分かり易い。気候不順が乱世のきっかけ? 寒冷化による飢餓が頻発、、社会不安が増大。けがの手入れは傷口に小便、、。戦国時代がトータルにわかります。
●「AI時代に頭がいいとはどういうことか」青春新書 米山公啓 いくつになっても脳細胞は増やせる。運動が頭を良くする。
●「骨と筋肉が若返る食べ方」青春新書 大友通明・著 ビタミンCが骨折に効く、が、ストレスで消費されてしまうビタミンC。慢性の痛みは「油」とかかわっている。トランス脂肪酸、マーガリン・コーヒーフレッシュ、ショートニングは摂らない。
●「幕末維新人物事典」講談社+α文庫  、なんと二冊目、、とても便利です。
●「長生きしたければ股関節を鍛えなさい」幻冬舎新書 石部基実・著 歩く時かかとから着地する。眠りの質を上げる。お茶などは寝る四時間前から飲まない。食事は寝る二時間前までに。煙草は控える。お風呂はぬるめでゆっくりと。
●「日本史の論点」中公新書 武士は、どのように台頭したか。日本は鎖国によって閉ざされていた、は本当か。明治維新は革命だったのか。など、たくさん項目があり、楽しめます。
●「神社崩壊」新潮新書 島田裕巳・著 元宮司の弟が姉を刺殺、、初詣だけで二億円、膨大な収入があったが故に、、、神社界の危機を象徴する事件が起こった。

●「斗南藩―「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起」 中公新書

●「会津藩は朝敵にあらず 松平容保の明治維新」 イースト・プレス 、星亮一先生の新刊、発刊中です!
●「100万分の一の奇跡」川村隆一朗 文芸社文庫 文庫売れ筋NO,1とのこと、歴史本ばかりで、たまにはほんわかさせてくれる本も必要ですね。楽しめました!
●「サラリーマンは300万で会社を買いなさい」講談社α新書、幸運の女神は行動する者に微笑む、リタイア後40年をどう過ごすか!
●「ボケない人の最強の食事術」青春出版社 発酵食品を多くとること。トランス油脂酸、自然界に存在しない油、分解酵素が働かず、体内に蓄積され動脈硬化のリスクあり気を付ける(マーガリン、コーヒーフレッシュ、マヨネーズなど)。一日2杯の緑茶で認知症予防!
●「日本人の9割がやっている残念な習慣」青春出版、炊飯器は使わない時もコンセントを抜くと内蔵リチウム電池が消耗する。エアコン、「自動」にしておくのがベスト、弱風にすると余計に電気代がかかる。
●「AI失業、前夜、これから5年、職場で起きること」PHPビジネス新書、人口知能とロボットによって人間の仕事が奪われる。水面下で進められる「AI医師」の開発。しゃべるロボット・ペットのアレクサ、、AIのために失業者が続出、生き残れる仕事とはオフィスで一日中パソコンを触る仕事大幅に消滅、フィールドに出て頭と体を使う仕事は生き残れる、、とのこと!

大阪の台風、そして、今回の北海道地震、、被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。今年の年頭にAI(人工頭脳)が、今年は異常気象の当たり年であると公言していました。一千年に一度の地殻変動期、AIは残念ながら当たりました。しかし、前向きに進んでいきましょう。ザ・戊辰研マガジン、11号、発刊です! 宜しくお願い致します。

「戊辰研マガジン第11号」、発刊中です!
https://boshinken.publishers.fm/

 

9月1日(土)の朝日の夕刊に掲載されていたと親友が送ってくれました。かなり大きく取り扱ってくれていますね。龍馬のニュースが出ると、ほんと、嬉しいです。

今、倉敷浅尾騒動を書いています。地元ですので、事件現場には徒歩で行けます。元代官所跡に行くまでに二か所、事件を目でしっかりと確認できる場所があり説明書を写してきました。

先日の水害では、お見舞いのお言葉をたくさん頂きまして、ありがとうございました。現在の美観地区の様子です。倉敷美観地区は多少、倉敷川の水かさが少し高く淀みが出ていますが、被害なく通常通りです。水害被害地は、ここより6キロほど北側の総社市に近い地区となります。しかし、旅館などの宿泊は4割近いキャンセルがあり、私が良く通る、JRのCMで仲間由紀恵が通った小路も人影もなく寂しい限りです。

復興に頑張りますので、またお寄りくださいね。お待ちしております。

1 2 3 47