みちこの幕末日記

   世に生を得るは事を成すにあり。

月別アーカイブ

みなさま、酷暑の夏、お元気でお過ごしでしょうか。

近くの大型書店が、今年末で店仕舞いをするとのことで、日参しています。JR倉敷駅が、高架になる予定で、駅前開発のため、駅ビル内にあるこの大型書店は閉店するのです。

倉敷駅前にチボリ公園という大型娯楽施設があったのですが、経営難で廃園になってしまいました。その壮大な跡地をどうするのかとヤキモキしていましたら、アウトレット・モールができるということです。再び、新設の大型書店のできることを期待しています。でも、完成は来年末ということで、この先一年は、近くに書店がなくなるという「悲運」とあいなりました。

太平洋戦争の真っ只中、戦地に赴いた読書好きの兵士たちは、活字に飢えて、薬の説明書でさえ、何度も読んでその飢えを凌いだらしいですね。そんなお話を聞いたことがあります。今の世の中に生きている私達、本を選べて読めるという恵まれた境遇にあります。出版社や書店は、このところの不況で大きなダメージを受けています。ネットやテレビで余暇を過ごすより、本屋に行き、本の印刷の匂いの中で、本を手に取り選んで読書の習慣をつけたいものです。

6 Responses to 酷暑にも負けず、今日も読むのよ、幕末本!!

  • >好きなだけ本を選べて読めるということ、しみじみ幸せだと思います。
    当たり前だと思ってましたが、そうじゃないという事がよく分かりました。
    戦時中はそんな苦労をされてたんですね。
    ところで、「一個人」という雑誌、「新選組特集」をやっていると、とある方から教えられました。
    写真を載せて下さっているので装丁が分かって良かったです。
    「裏切りの明治維新」は新聞の新刊コーナーで見ました。
    宣伝文句(?)というか、抜粋文(?)にとても興味を持ちました(^^)v

  • >あさぎさま
    コメントをありがとうございます。
    今は、本当に良い時代ですね。
    良書がたくさん身近にあります。
    不景気で、本を買う若者が減っているそうです。
    増えていってほしいですね。
    「裏切りの明治維新」、是非、お読みくださいね。

  • 先程、連絡させて頂きました宮川です。
    今後もよろしく御願い致します

  • 宮川様
    はじめまして、宜しくお願い致します。

  • 今、新刊書店より古書店に興味があります、それも大手のチェーン店です。ハードカバーの本が100円均一なんてことをやってくれています。思いがけない本に出会うことがあります、趣旨変えが必要ですね。

  • >剛丸先輩殿
    コメントをありがとうございます。
    龍馬本もそうですが、出版し過ぎ、書き尽くし、
    という状態ですね。昔出た本がずっとベストセラーで
    売れ続けています。そういう良書と出合えるのは
    古書店ですね。
    素晴らしい本、見つかりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください