みちこの幕末日記

   世に生を得るは事を成すにあり。

月別アーカイブ

久しぶりに霊山歴史館へ行って来ました。刀が増えていてびっくりしました。京都見廻組・桂早之助所用の龍馬を斬ったと伝わる無数の刃こぼれがある刀は、あらかじめ天井の低い室内での戦闘を予想し、小太刀の名手が起用されたという。早之助は、龍馬暗殺のわずか一ヵ月半後に鳥羽伏見の戦いで戦死してしまいます。他は、別府晋介の西郷を斬った刀、近藤、土方の名刀が、、、やはり、アニメ刀剣女子の後押しがあるからですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です