みちこの幕末日記

   世に生を得るは事を成すにあり。

月別アーカイブ

倉敷市をPRする第37代「倉敷小町」に20日、香川大2年加藤梨香子さん(20)、ノートルダム清心女子大3年原田和さん(21)、岡山医療技術専門学校2年松本百音さん(19)=いずれも倉敷市=の3人が選ばれた。

倉敷天領夏祭りに合わせ、祭り実行委がアリオ倉敷(同市寿町)で公開の最終審査を実施。応募者37人から選ばれた10人が、審査員らの前で、抹茶のお点前や三線、英語のスピーチなどを披露した。

3人は「有名な観光地だけでなく、隠れた名所やおいしいものを紹介したい」「PR活動を通して、昨年の西日本豪雨の被災地復興を後押ししたい」などと抱負を語った。

審査後、選ばれた3人は祭りの音楽パレードの先導役を務め、初舞台を飾った。今後1年、岡山県内外のイベントに登場し、倉敷の魅力を発信する。

秋祭りでお会いしましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください