みちこの幕末日記

   世に生を得るは事を成すにあり。

月別アーカイブ

米国人・ハリスが、長い船旅を経て日本に着いたのは、今から150年前だった。 貿易を通じて日本を国際舞台にデビューさせた功労者。 だが、先に来日したペリーほど有名ではない。 エリート軍人のペリーと違って、ニューヨークの貧しい家に生まれ、中学 を出ただけで働きながら学んだ。貿易商になり、各国を巡り歩き、商売 が傾き、大統領に陳情して、この大役を任された。 ペリーとは日米和親条約を、このハリスとは通商条約を結ぶことになる。 74歳の生涯を独身で通し、読書家で教養人、きまじめで優しかった。(ハリス「日本滞在記」より)

このハリスの「日本滞在記」には随所に鋭い観察眼が光り、案外ユーモラスだ。 日本上陸を目前にした日記には、自らを日本における「文明国からの 最初の公認された代理人となるであろう」と高々と宣言している。 「日本は狭少なので、三港 以上はひらかないことに決めたぁ~」という駄々っ子のような 幕府を口説き落とし、日本側が気を緩めた隙に江戸などの開市を 要求、、、帰国後は公職を退き、ニューヨークの質素な下宿で、 謙虚な生活を送ったとあります。 実直な人物だったのですね。 いよいよ、ハリスさんに好意を持ちました。

当時の日本は時がゆっくり流れていて、「イエスかノーか」という きっちりとした答えを求める欧米人には理解されなかったのですね。 しっかりとした日程を組んで行動するハリスさんにとって、交渉場所 に行っても、幕府役人は雑談ばかりして前になかなか進まない、 益々、ハリスさんは苦虫を噛み潰した顔になってしまったのでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください