みちこの幕末日記

   世に生を得るは事を成すにあり。

月別アーカイブ

hosblo01

1 2 3 58

龍馬直筆の「薩長同盟裏書」=手前(高知市の県立坂本龍馬記念館)

龍馬直筆の「薩長同盟裏書」=手前(高知市の県立坂本龍馬記念館)

幕末の京都で締結された薩長同盟を証明するため、坂本龍馬が裏書きした「薩長同盟裏書」の原本の展示が9日、高知市浦戸の高知県立坂本龍馬記念館で始まった。倒幕運動の契機となった歴史的事件を記録した宮内庁所蔵の一級史料で、県内では初展示となる。

同盟は1866年1月、倒幕に動いていた長州藩の桂小五郎(木戸孝允)と薩摩藩の西郷隆盛らが、戦時の派兵など両藩の軍事的協力について取り決めたとされる6カ条の盟約。龍馬や中岡慎太郎ら土佐出身の志士が、対立的立場にあった両藩を仲介して実現した。

桂は盟約の内容を手紙に記し、証明のため会談に同席した龍馬に裏書きを求めた。龍馬は盟約について、朱文字で「西郷、桂、龍らが同席して意見を述べ合ったもので間違いはない」「今後も変わらないことは神様も御存じの所です」という内容を記している。

同館では、「裏書」のレプリカを常設展示しているが、開館30周年を記念して、この原本を含む薩長同盟前後の龍馬直筆の10通を宮内庁から借用。11月21日まで常設展示室で特別展示する。

 また日本人の快挙のニュースが飛び込んできました。真鍋淑郎氏のノーベル物理学賞の受賞。物理学としての日本人の受賞は、最初に受賞した湯川秀樹氏から数えてこれで12人目。気候をテーマに地球温暖化の予測に関する先駆的な研究を続けた業績が評価されました。気候の研究がノーベル物理学賞を受賞するというのは大変珍しいとの事。

物理学賞の中には、ある一定の電圧になると電流が流れる半導体「江崎ダイオード」や、光を放つ半導体「発光ダイオード」など、現代社会に不可欠な存在になった発明があります。私が子供の頃はまだ真空管時代でしたが、学生時代になってようやくトランジスターが出てくるようになり、その後、飛躍的な進歩を遂げ、このようなノーベル賞に繋がる物理の世界が広がりました。

そして今回は、盛んに問題視されている地球温暖化。太陽熱が地球に与える温室効果や、二酸化炭素の濃度による地球の気温上昇、大気の流れと海洋の循環など、これからの地球のために無くてはならない研究が真鍋淑郎氏の研究で成果を上げました。

戊辰戦争研究会は戊辰戦争をテーマにした研究会。戦争のない世界を願い、ひそかにノーベル平和賞をめざして日々努力しているのです。
冗談はさておき、コロナの影響で活動が閉ざされ、元気が出ない当研究会ですが、唯一、元気な戊辰研マガジン!
本日、2021年10月号 Vol.48 を発刊致しました。どうぞご覧ください。

https://boshinken.publishers.fm/

☆星先生の新刊が3冊も!! (^^)/☆
●「星座の人 山川健次郎」 星亮一 ぱるす出版
●「提督の決断 山本五十六」 星亮一 光人社NF文庫
●「運命の将軍 徳川慶喜」 星亮一 さくら舎
●「糖尿病の真実」 光文社新書 自覚症状がないまま進行する。世の中に糖質が溢れている。大量の糖質=癌細胞発生。「健康体」でも毎日5千個の癌細胞が発生しているが、それは免疫細胞によって毎日、根絶されている。血糖値に良い影響を与える「有酸素運動」、ウオーキングや軽いジョギング、ゆったりと行う水泳が良い。卵は完全栄養食。糖質を控え、高タンパク質を取り、ビタミンC(サプリメント)を摂取すること。
●「潜入・ゴミ屋敷 」中公新書、片付けられない人、何かのきっかけでゴミ屋敷になる。失業・離婚・転職などの失望感が引き金。悪徳業者を見分けること、整理業は広いスペースを必要とするため、マンションの一室で行っている所は信頼性が低い。20-30万が相場。
●「血液型と免疫力」 宝島新書、日本の血液型の割合は、A型が4割、O型が3割、B型が2割、AB型が1割、免疫力は血液型で異なる、免疫力1位はO型、2位はB型。我々の体を病気から守ってくれるのが免疫システム、この免疫細胞の総称が「白血球」、最も強い力で敵を倒してくれるのが「リンパ球」、O型はリンパ球が多い。多様な血液型物質が人類を滅亡から救ってきた。免疫力アップの「ニンニクみそスープ」、カップにお湯を入れ適量の味噌を溶き、すりおろしたニンニクを入れる。毎日飲むと良い。ニンニク、適量は1-2片。
●「その病気、市販薬で治せます」 新潮新書、総合風邪薬より、副作用が少ない「葛根湯」、眠気を引き起こさない。コッソリ治したい時に役立つ市販薬。市販薬は究極の「時短」になる。水虫薬、発毛剤、痔の薬、副作用を転用した睡眠薬「ドリエル」(連用は危険)、ネット通販で気を付けたいのは「使用期限」。危険性が認知されにくいカフェイン(長期連用はしないこと)。

 夏の甲子園での高校野球も終わり、そして日本にとっては最大のイベント、東京オリンピック・パラリンピックも終わりました。終わっていないのはコロナだけ。
そんな中、菅総理が次期総裁選に不出馬を表明。「コロナ対策と総裁選挙には莫大のエネルギーが必要、両立は出来ないのでコロナ対策に選任したい」と退陣を明かしました。
菅総理にはオリンピックやパラリンピックでメダルを獲得した選手のような、力強さが欠けていたと思います。これから誰が総裁になろうとも、国民は安心して暮らせる世の中と強いリーダーを必要としています。アスリートは力強い体力が必要ですが、政治家は力強い言葉と実行が伴ったリーダーシップが必要です。いずれにせよ、1年間、休みも取らずコロナ対策に邁進した菅総理にご苦労様でしたの言葉を掛けたいと思います。

さて、本日「ザ・戊辰研マガジン2021年9月号 Vol.47」を発刊致しました。力のこもった記事が満載です。どうぞご覧ください。

https://boshinken.publishers.fm/

147年前、徳島が名東県だった明治初期の県報に、不平士族の反乱「佐賀の乱」の首謀者江藤新平(1834~74)年のことが記述されていることがわかった。江藤が佐賀の乱を起こした後、愛媛に渡り高知の甲浦まで逃げて捕まるまでの内容がわかる。徳島県立文書館、10月24日まで展示中

 東京オリンピック開会式当日、東京駅ザ・戊辰研マガジン2021年8月号 Vol.46を発刊前では青空に五輪の輪を描くブルーインパルスを一目見ようと広場を埋め尽くした人だかり。そして無観客で行われた開会式も、スタジアムの外は人だかり。オリンピックは世界の祭典、人が集まらないお祭りをしようというのがそもそも無理な話のような気がします。
終盤戦を迎えた東京オリンピックですが、日本のメダル獲得数の記録は日々更新され、テレビ観戦に沸く毎日でありますが、一方、感染者数の記録が急拡大する新型コロナウイルス。
「このオリンピックはコロナ禍という人類共通の危機を乗り越え、その先のより良い未来を作りあげる。サステイナブル・リカバリーを世界とともに歩む出発点」と力を込めて発言した小池都知事でありますが、4千、5千人という感染者数増に唖然としたのではないでしょうか。概にオリンピックが原因とは言えませんが、オリンピックを開催して良かったと喜べる状況にもありません。オリンピックが終わってからどうなるのかが心配です。
さて、本日「ザ・戊辰研マガジン2021年8月号 Vol.46」を発刊致しました。
どうぞご覧ください。

https://boshinken.publishers.fm/

倉敷駅の地下通路、トボトボと歩いていたら、高校生君の書、勇気づけられました!!

●「コロナ後を生きる逆転戦略」 文春新書、人口減少と少子高齢化による衰退をコロナ禍が加速させた。2042年には高齢者が4千万人で多くは一人暮らし。日本という国が老後を迎えている。高齢者向けの新製品を開発して海外に売る。大企業でも副業OKの時代。マンションは賃貸、買うなら戸建て、タワマンは超危険。アフターコロナ時代に今までの常識は通用しない。世界と戦うために何で勝負できるのか、岡山のジーンズの聖地児島など、世界シェアトップを誇る中小企業は少なくない。地元に帰り働く若者も増えている。

●「365日でわかる日本史」清談社、私の画像は、70 ペリー 、107 南三陸町役場 津波後、 149 大阪城 、120 「皇后」 、186 大原美術館、掲載して頂いております。383ページに名前も入れて頂いて良い記念となりました。

●「新型格差社会」 朝日新書、非正規雇用が増え、夫の収入で中流生活を作り出すことが無理となった。コロナ禍でこの傾向が加速、親が子供の教育でお金をかけられなくなった。そのため、日本人の一組当たりの出生率は二人を切っている。満員電車で毎日通勤する必要がなくなり、自宅にいながら仕事ができるようになった。コロナ禍を奇貨として広がった新しい働き方はパンデミック終了後にも定着するだろう。ひきこもり100万人の日本社会、ごく平均的な家庭が低リスクで実戦できる環境を地域が提供しサポートしていけるかがカギになる。

●「資源の世界地図」 日経文庫、日本はのエネルギー自給率は9.6%、世界の主要国の中では極めて低い。再生可能エネルギーが普及すれば、石油などの調達が減りエネルギー安全保障が高まる。脱炭素のカギを握る鉱物資源の確保、資源の重心が石油から鉱物資源へ、石油需要は2019年がピーク、レアメタルで入り込む 中国、いかに中国依存を回避するか、急ピッチで動き出す日本都市鉱山で有数の資源量あり、日本の産業開発に期待。

●「最高の死に方」 宝島社新書、大事なのは、家族との話し合い。やっぱり死ぬなら癌が良い。ただし、治療はしない。意識を失った場合、救急車を呼ばない。1951年、今から70年前、国民の83%は自宅で穏やかに亡くなっていた。

●「ビジネス戦略から読む美術史」 新潮新書、フェルメールの名作「牛乳を注ぐ女」は三年分のパン代だった。オランダの画家はパン屋より多かった。不動産としての「最後の晩餐」、動産としての「モナリザ」、1796年、ミラノに侵攻したナポレオンは「最後の晩餐」をフランスに持ち帰ろうとした。1980年に「最後の晩餐」が世界遺産に認定されたのも、その不動性にある。

米国人・ハリスが、長い船旅を経て日本に着いたのは、今から150年前だった。 貿易を通じて日本を国際舞台にデビューさせた功労者。 だが、先に来日したペリーほど有名ではない。 エリート軍人のペリーと違って、ニューヨークの貧しい家に生まれ、中学 を出ただけで働きながら学んだ。貿易商になり、各国を巡り歩き、商売 が傾き、大統領に陳情して、この大役を任された。 ペリーとは日米和親条約を、このハリスとは通商条約を結ぶことになる。 74歳の生涯を独身で通し、読書家で教養人、きまじめで優しかった。(ハリス「日本滞在記」より)

このハリスの「日本滞在記」には随所に鋭い観察眼が光り、案外ユーモラスだ。 日本上陸を目前にした日記には、自らを日本における「文明国からの 最初の公認された代理人となるであろう」と高々と宣言している。 「日本は狭少なので、三港 以上はひらかないことに決めたぁ~」という駄々っ子のような 幕府を口説き落とし、日本側が気を緩めた隙に江戸などの開市を 要求、、、帰国後は公職を退き、ニューヨークの質素な下宿で、 謙虚な生活を送ったとあります。 実直な人物だったのですね。 いよいよ、ハリスさんに好意を持ちました。

当時の日本は時がゆっくり流れていて、「イエスかノーか」という きっちりとした答えを求める欧米人には理解されなかったのですね。 しっかりとした日程を組んで行動するハリスさんにとって、交渉場所 に行っても、幕府役人は雑談ばかりして前になかなか進まない、 益々、ハリスさんは苦虫を噛み潰した顔になってしまったのでしょう。

 

 大阪西成区で起きた住宅崩落事故に続き、今度は伊豆熱海での土石流による大災害。目を疑うような映像がテレビや新聞の一面に映し出されています。
 梅雨に入り連日の雨の伊豆地方でしたが、特段強い雨が降ったわけではなく、なぜこのような大災害が起きたのでしょう。土石流の始点は生い茂る木々を伐採し、盛り土が盛られて作られた土地。どこから来るとも知れぬダンプカーが、大量の土砂を運んで来る様子を住民の方は何度も見たといいます。運んで来るというより、捨てに来ていると言うのが正しいのかも知れません。
 Google Mapで見てみると、そこは廃棄物処理用地らしき名前が出ていましたが、今朝、もう一度見てみると、不思議なことに今度は土石流起点と表示が変えられていました。
 伊豆地方には似たような地形の場所が多数存在しますが、何故ここだけが大きな土石流が発生したのか?無謀な土地開発による「人災」の匂いが強く残ります。
 30名近い方がまだ見つかっていません。一人でも多く救出されることを願わずにはいられません。
本日、ザ・戊辰研マガジン2021年7月号(Vol.45)を発刊しました。
どうぞご覧ください。ザ・戊辰研マガジン (publishers.fm)
1 2 3 58